CakePHP3のクエリビルダで実行したSQLの確認方法

シェアする

フリーランスエンジニアの収入例を見てみる→ フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

CakePHP3のクエリビルダで実行したSQLを確認したいことがあると思います。

そのような際は、下記のsql()メソッドで確認することが出来ます。

しかし、このままだと、変数がバインドされていないため、実際に流された生のSQLを取得することは出来ません。

変数がバインドされたSQLを確認したい場合は、ログに出力し確認する方法があります。

$connection->logQueries(true);でSQLのログ出力を有効にしている間、流されたSQLを確認することが出来るようになります。

出力ログ下記ディレクトリにあります。

cakeインストールフォルダ/cakephp/logs/debug.log

全てのSQLを確認したい場合は、
“Config/app.php”の”Datasources”に”log”でログの出力を設定することが出来るので、これをtrueにすることで実行したSQLをログに出力することが出来るようになります。

データベースの基本

CakePHP2でクエリービルダー実行したSQLを確認する方法について紹介しています。

シェアする

フォローする