AWS一覧

AWSのEC2にCakePHP3をインストールする

以前の記事でAWSのEC2にLAMP環境の構築を行いました。

今回は、AWSを利用したクラウド環境をサーバ構築を紹介します。 まずはクラウド上で基本となるサーバを作成します。
AWS Linux2を利用した際のApache24、Amazon-Linux-Extrasを活用したPHP7.2、リポジトリ変更をし、MySQL5.7のインストール方法を紹介します。

今回はこの環境を利用して、Composerを用いてCakePHP3をインストールします。
AWSの特有のことはなく、通常にCakePHP3がインストールができます。

環境

・Amazon Linux 2
・HTTP サーバー: Apache2.4
・プログラム言語:PHP 7.2
・PHP 拡張
・MySQL5.7

CakePHP3構築

前回に作成したサーバにSSHに接続し、
AWSのサーバ1台に下記をインストールします。

・CakePHP3

composerのインストール

ドキュメントルートのディレクトリーにcomposerをインストールし、compposerにパスを通します。

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | sudo php
$ sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer
$ sudo ln -s /usr/local/bin/composer /usr/bin/composer

CakePHP3.6のプロジェクトを作成

composerを利用しドキュメントルートに下記コマンドを実行しプロジェクトを作成します。

$ sudo cd ドキュメントルート
$ sudo composer create-project --prefer-dist cakephp/app ap01
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/cache
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/cache/models
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/cache/persistent
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/cache/views
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/sessions
Permissions set on /var/www/ap01/tmp/tests
Permissions set on /var/www/ap01/tmp
Permissions set on /var/www/ap01/logs
Updated Security.salt value in config/app.php

config/app.phpの編集

$ sudo vi /var/www/ap01/config/app.php
'Datasources' =>; [
'default' =>; [
'className' =>; 'Cake\Database\Connection',
'driver' =>; 'Cake\Database\Driver\Mysql',
'persistent' =>; false,
'host' =>; 'localhost',
/*
* CakePHP will use the default DB port based on the driver selected
* MySQL on MAMP uses port 8889, MAMP users will want to uncomment
* the following line and set the port accordingly
*/
//'port' =>; 'non_standard_port_number',
'username' =>; 'ユーザ名',
'password' =>; 'パスワード',
'database' =>; 'DB名',

まとめ

サーバの環境についてはAWS特有の依存関係などがありますが、CakePHP3のフレームワークに対しては影響がありません。

CakePHP3のLAMP環境のインストールについては、下記の記事も参考にしてください。

CakePHP3系をLAMP・LNMP環境へインストールする方法について紹介しています。CakePHP3系をLAMP・LNMP環境へインストールしようと考えている方は、参考にしてください。