Laravel一覧

LaravelでEloquentを使用して複数のWhere句クエリを作成する方法

Laravel Eloquentクエリビルダーを使用しWHERE、複数の条件で句が必要なクエリが会った際。複数のWHERE句を繋げてもそれは機能しますが、エレガントではありません。

where句複数つなげる例

Laravel5.3などで(、7.xの時点でも当てはまります。)配列として渡されることにより簡易にwhere句を使用することができます。

また、2014年6月以降、下記のように、where句を複数に配列をに渡すことができます

例えば、where句とorwhere句を使用する場合次のようになります。

この配列を下記のように使うことができます。

上記のような記載をすると下記のようなクエリが流れます。

好き嫌いな部分もあると思いますが、where句の条件が記載するにはあまりに多くなってしまうこともあると思うので、
配列でwhere句の条件を切れるということも知っておいて良い知識だと思います。