Laravelでレコードを取得する際エイリアス(別名)で取得する方法

シェアする

フリーランスのIT・Web業界のリモート案件なら⇨リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

Laravelを使用していて、テーブルのカラム名と別名でレコードを取得したい機会というのがあるかもしれません。

以前、素のSQLをLaravelで切る方法について紹介しましたが、このような方法を使用しなくても簡単に別名でレコードを取得することができます。

Laravel5でEloquent ORMでテーブル操作を行うのではなく、生のSQLでテーブル操作をする方法について紹介しています。

その、クエリビルダの記載方法は、下記となります。

SQLを記載するようにemailをuser_emailとして取得しています。

この方法を知らないと、直接SQLを切って、上記でリンクで紹介した方法やることになるかもしれないので、

クエリビルダでもできると知っておくと良いと思います。

シェアする

フォローする