Laravelをバージョン指定して、カレントディレクトリにインストールする

シェアする

フリーランスのIT・Web業界のリモート案件なら⇨リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

Laravelをインストールする際、LTSを使用するためにバージョンを指定したり、ディレクトリを新しく作成せずに、
Laravelをインストールしたいと言うことが多々あると思います。

今回の記事では、バージョンを指定しつつ、ディレクトリを新しく作成せずに、Laravelをインストールする方法について紹介します。

バージョンを指定して、カレントディレクトリにLaravelをインストールする方法

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel=6.0.* ./

これで、カレントディレクトリにLaravelがLTSの6.0がインストールされます。

バージョンを指定して、新しくディレクトリを作りインストールする場合

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel=6.0.* sample

→sampleディレクトリが作成され、その中にLaravelがインストールされます。

バージョンを指定せずにインストールする場合

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel ./

Laravelをインストールするにも色々な方法があります。
それぞれに合ったやり方でインストールするようにしましょう。

シェアする

フォローする