Laravelでレコードの取得で例外が発生した場合404ページを表示する方法

シェアする

フリーランスのIT・Web業界のリモート案件なら⇨リモートのみの案件を紹介【リモートビズ】

laravelでfindを使用してレコードの取得をした場合、例外が発生するとエラーページが表示されてしまいます。

本番運用されているシステムではそのようなことはなるべく避けたいことだと思います。

Laravelではレコード取得で例外が発生した場合、404ページを表示させる方法があります。

その方法は、”find()”や”first()”の代わりに、”findOrFail()”や”firstOrFail()”を

使用する方法です。

実際の記載方法は下記となります。

この方法を使用するとDBの取得処理で何か例外が発生した際、laravelのエラーが表示されず404ページが表示されます。

本番では、Laravelのエラーを表示する必要はないと思うので、こちらを使用すると良いと思います。

シェアする

フォローする