Laravelのバージョンの確認方法

シェアする

フリーランスエンジニアの収入例を見てみる→ フリーエンジニアの案件なら、レバテックフリーランス

Laravelを使用していて、今、使用しているLaravelのバージョンについて確認したいことがあると思います。

今回の記事では、Laravelを使用している際のバージョンの確認方法について紹介します。

Laravelでのバージョンの確認方法

artisanコマンドで確認する

laravelでバージョンを確認する場合、一番簡単にバージョンを確認する方法は、artisanコマンドを使用することです。

Laravelのルートディレクトリで下記のようなコマンドを打つことで、現在のLaravelのバージョンを知ることが出来ます。

php artisan --version

or

php artisan -V
routes.phpでLaravelのバージョンを確認する

routes.phpに下記のようなロジックを書くとバージョンを確認することが出来ます。

Route::get('laravel-version', function()
{
$laravel = app();
return "Your Laravel version is ".$laravel::VERSION;
});

“ドメイン/laravel-version”にアクセスして見るとLaravelのバージョンを確認することができると思います。

bladeで確認する

Bladeに記載しテンプレートをいじることでLaravelのバージョンを確認する方法があります。

{{ App::VERSION() }}

Blade内で上記のように記載すると、Laravelのバージョンがブラウザで該当のテンプレートを開いた際に表示されることを確認できると思います。

Laravelのバージョンを調べる際の参考にして見てください。

[参考]
How to check Laravel version?

シェアする

フォローする