JavaScriptでオブジェクトデータを扱う(登録・参照・更新・削除)

シェアする

フリーランスエンジニアの収入例を見てみる→フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

JavaScriptでオブジェクトデータを扱うことがあると思います。
この記事では、JavaScriptでオブジェクトを登録・参照・更新・削除のやり方について紹介します。

JavaScriptで配列データの追加、結合、取得、削除、更新の処理の方法について説明しています。

オブジェクトの要素の登録(追加)

Hashの変数の中にのkeyが人のオブジェクトに”人を”登録しています。
登録すると、下記のようになります。

オブジェクトの要素の参照

上記のようなHashオブジェクトのkeyがdogのオブジェクトを参照するには、”Hash.dog”または、”Hash[“dog”]”と記述することで参照することが出来ます。

オブジェクトの要素の削除

結果、下記のようなオブジェクトになります。

delete演算子を使用することでオブジェクトの要素を削除することができます。

オブジェクトの要素の更新

上記のようにすると、下記のようなオブジェクトとなります。

Hashオブジェクトのelefantのkeyの要素に値を代入するとデータを更新することが出来ます。

シェアする

フォローする