CentOS 7一覧

Vagrant+VirtualBoxでRailsの開発環境を構築をする

VagrantとVirtualBoxを使ってRailsの開発環境を構築したいと思います。

1. 仮想マシンを用意

  • Vagrant – 記事作成時点 Ver 2.2.0
  • VirtualBox – 記事作成時点 Ver 5.2.20

自分の環境に合ったものをそれぞれダウンロードしてください。
ダウンロードが完了し、インストールを終えたら以下の手順にしたがって仮想マシンを設定していきます。

VagrantにCentOS7のBoxを追加をする

$ vagrant init centos/7
Vagrantfileの編集

先ほどのコマンドにより現在のディレクトリにVagrantfileが追加されました。このファイルの35行目あたりの# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"という記述を見つけて#を取りコメントアウトを外します。

# config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10" # 変更前
config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10" # 変更後
仮想マシンの起動

以下のコマンドでvagrantを起動します。

$ vagrant up
ゲストOSにSSHで接続する

以下のコマンドでゲストOSに接続することができます。

$ vagrant ssh

以下のように接続できると思います。

[vagrant@localhost ~]$ 

無事接続できたら必要なツールをインストールします。以下のコマンドを実行してください。

$ curl --silent --location https://rpm.nodesource.com/setup_8.x | sudo bash -
$ sudo yum install -y git gcc openssl-devel readline-devel zlib-devel sqlite-devel gcc-c++ libicu-devel cmake vim libffi-devel.x86_64 nodejs

インストールが終われば、仮想環境のセットアップは終了です。次にRubyをインストールします。

2. Rubyのインストール

rbenvのインストール

Rubyをインストールするのにrbenvというツールを利用することで複数のRubyをインストールしバージョンを切り替えることができるようになります。
以下の手順に従いrbenvをインストールしてください。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile
rbenvのプラグインをインストール
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

以上まででrbenvのセットアップは終了です。

Rubyのインストール

以下のコマンドでインストール可能なRubyの一覧が表示されます。

$ rbenv install -l

この記事を執筆時の最新版は2.5.1なのでそれをインストールします。

$ rbenv install 2.5.1

インストールがおわったらOS全体で利用するRubyのバージョンをセットします。

$ rbenv global 2.5.1
$ ruby -v 
ruby 2.5.1p57 (2018-03-29 revision 63029) [x86_64-linux] # Rubyのバージョンが確認できればOK

3. Railsのインストール

Bundlerのインストール
$ rbenv exec gem install bundler
Railsのインストール
$ gem install rails

インストールが無事終われば、Railsアプリを作成できるようになります。
好きなディレクトリで以下のrails new [アプリ名]を実行するとRailsアプリのテンプレートが作成されます。

$ rails new sample_app

      create  
      create  README.md
      create  Rakefile
      create  .ruby-version
      create  config.ru
      create  .gitignore
      create  Gemfile
         run  git init from "."
Initialized empty Git repository in /home/vagrant/sample_app/.git/
      create  package.json
      create  app
      create  app/assets/config/manifest.js
      create  app/assets/javascripts/application.js
      create  app/assets/javascripts/cable.js
      create  app/assets/stylesheets/application.css
      create  app/channels/application_cable/channel.rb
      create  app/channels/application_cable/connection.rb
      create  app/controllers/application_controller.rb
      create  app/helpers/application_helper.rb
      create  app/jobs/application_job.rb
      create  app/mailers/application_mailer.rb
      create  app/models/application_record.rb
      create  app/views/layouts/application.html.erb
      create  app/views/layouts/mailer.html.erb
      create  app/views/layouts/mailer.text.erb
      create  app/assets/images/.keep
      create  app/assets/javascripts/channels
      create  app/assets/javascripts/channels/.keep
      create  app/controllers/concerns/.keep
      create  app/models/concerns/.keep
      create  bin
      create  bin/bundle
      create  bin/rails
      create  bin/rake
      create  bin/setup
      create  bin/update
      create  bin/yarn
      create  config
      create  config/routes.rb
      create  config/application.rb
      create  config/environment.rb
      create  config/cable.yml
      create  config/puma.rb
      create  config/spring.rb
      create  config/storage.yml
      create  config/environments
      create  config/environments/development.rb
      create  config/environments/production.rb
      create  config/environments/test.rb
      create  config/initializers
      create  config/initializers/application_controller_renderer.rb
      create  config/initializers/assets.rb
      create  config/initializers/backtrace_silencers.rb
      create  config/initializers/content_security_policy.rb
      create  config/initializers/cookies_serializer.rb
      create  config/initializers/cors.rb
      create  config/initializers/filter_parameter_logging.rb
      create  config/initializers/inflections.rb
      create  config/initializers/mime_types.rb
      create  config/initializers/new_framework_defaults_5_2.rb
      create  config/initializers/wrap_parameters.rb
      create  config/locales
      create  config/locales/en.yml
      create  config/master.key
      append  .gitignore
      create  config/boot.rb
      create  config/database.yml
      create  db
      create  db/seeds.rb
      create  lib
      create  lib/tasks
      create  lib/tasks/.keep
      create  lib/assets
      create  lib/assets/.keep
      create  log
      create  log/.keep
      create  public
      create  public/404.html
      create  public/422.html
      create  public/500.html
      create  public/apple-touch-icon-precomposed.png
      create  public/apple-touch-icon.png
      create  public/favicon.ico
      create  public/robots.txt
      create  tmp
      create  tmp/.keep
      create  tmp/cache
      create  tmp/cache/assets
      create  vendor
      create  vendor/.keep
      create  test/fixtures
      create  test/fixtures/.keep
      create  test/fixtures/files
      create  test/fixtures/files/.keep
      create  test/controllers
      create  test/controllers/.keep
      create  test/mailers
      create  test/mailers/.keep
      create  test/models
      create  test/models/.keep
      create  test/helpers
      create  test/helpers/.keep
      create  test/integration
      create  test/integration/.keep
      create  test/test_helper.rb
      create  test/system
      create  test/system/.keep
      create  test/application_system_test_case.rb
      create  storage
      create  storage/.keep
      create  tmp/storage
      create  tmp/storage/.keep
      remove  config/initializers/cors.rb
      remove  config/initializers/new_framework_defaults_5_2.rb
Railsアプリを起動する
$ rails s -b 0.0.0.0
=> Booting Puma
=> Rails 5.2.1 application starting in development 
=> Run `rails server -h` for more startup options
Puma starting in single mode...
* Version 3.12.0 (ruby 2.5.1-p57), codename: Llamas in Pajamas
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://0.0.0.0:3000
Use Ctrl-C to stop

Railsが起動したら192.168.33.10にアクセスするとRailsのウェルカムページが表示されるかと思います。

4. まとめ

今回はVagrant & VirtualBoxを利用してRailsの開発環境を構築しました。環境の構築方は他にもあるので別の機会に書いて見たいと思います。