PHPというプログラミング言語はどのような言語か?

**PHPを学ぶ上で何を知っているべきか。
PHPを学ぶ上で次のことを知っていることが推奨されます。

・HTML
・CSS
・JavaScript

これらのことがわからなくてもPHPを学ぶことはできるのですが、WEBシステムを作成する際には、HTMLを知らないとブラウザに画面表示する際などにただ文字列を表示するだけを表示することしかできなくなってしまいます。
このサイトでは、まだ作成していないのですが、おいおいこれらのことも学ぶことが出来るようサイトを作成していければと思っています。

このサイトでHTMLやCSSやjavascriptについてわからないことがあった際は、検索をして調べながら学習をしてみてください。

PHPとはなにか?

・PHPとは、”PHP: Hypertext Preprocessor”の略です。
・PHPは広く使われているオープンソースです。
・PHPは、WEB言語でWEBサーバー上で動作します。
・PHPは、ダウンロードし自由に使用することが出来るプログラミング言語です。

・多くのブログサイトで利用されているWordPressで使用されているプログラミング言語です。また、ECサイトで利用されているEC-CUBEやWikipediaでも使用されているプログラミング言語です。
・世界でもっとも利用されているSNSのFacebookでも利用されています。
・初めてWEBサーバーで動作するプログラミング言語を学ぶ人にとって学びやすいプログラミング言語です。

PHPプログラムを記載するPHPファイルとはなに?

・PHPは、HTML・CSS・JavaScriptと同じファイルに記載し動作させることが出来ます。(現在の業務での開発ではviewは、PHP部分を分けて開発するのが主流です)
・PHPは、WEBサーバー上で動作するプログラミング言語です。ユーザーがWEBサーバーにリクエストを送るとPHPがWEBサーバーで動作しレスポンスを、WEBブラウザに返します。
・PHPのファイルの拡張子は、phpです。サーバー上の設定で拡張子を隠蔽したり、変更して動作させることもできます。

PHPでどのようなことが出来るのか?

・PHPは動的なWEBサイトを作成することが出来ます。
・PHPではオブジェクト指向プログラミングが出来ます。
・PHPは、サーバー上でファイルを作成したり読み込んだり書き込んだりすることができます。
・PHPは、cookieを送ったり、受け取ったりすることが出来ます。
・PHPは、データベースのデータを作成・編集・削除したりすることができます。
・PHPは、データを暗号化することができます。
そのほか、PHPはWEBサイトの構築に必要な様々なことを行うことが出来ます。
また、PHPのレスポンスは、HTMLだけでなく画像、動画、PDF、エクセル、ワード、xmlなどを出力することもできます。

よく分からない言葉がたくさん出てきたと思います。
そういった点もこのサイトで一つ一つ解説を加えて行こう思っています。

PHPは、WEBのシステムを作成する際に様々なことを行うことのできるプログラミング言語です。
学びやすいプログラミング言語なのでWEBシステムを作成したい方は、学んで損のない言語と言えます。

シェアする

フォローする